遅スギタ

廃墟や廃屋、身近に有る遅スギタ人工物達。

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

二階には何が有る

外からでは全体が見えないくらい蔦に覆われていた。



スナックだったのだろうか?ともかく飲食店だったようだ。
一階はごく普通に店舗。二階は危険で上がれなかった。
階段に絨毯が敷かれている事から恐らく個室か宴会場だろう。

ここで日夜多くの人が飲み食いしていたのだろう。
今は誰かが飲み食いしたゴミを店内に蓄えている。


屋根が抜け、店内を照らしていたのが少し淋しかった。

| 写真 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

廃墟って

今回の廃墟との出会いは予想外でしたね。


まさか出会うとは思ってなかったので驚きました。
内部には入れませんでしたが、覗き込んだ時の緊張感。
寒さではないひんやりした物寂しい雰囲気・・・。

「廃屋」には無い「廃墟」の美学を初めて体感しました。


やっぱり廃屋も良いですね。

コンセプトはやはり廃墟も含めときましょうかね。
ただ今回の廃墟を見て安全面も注意すべきと確信。


まずは忘れられた建築物を見付けられた幸運に感謝かな?

| 雑記 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

初めての廃「墟」

仕事での移動中に不思議な物が見えた。
止まってみるとそれは森の中の廃墟だった。



本格的な廃墟を発見したのはこれが初めてである。
ネットで調べてみたが、どこにも載っていなかった。
時間も無く、すぐに立ち去らねばならなかったが。

地元の方に聞くとここには昔旅館が有ったようだ。
確かにお風呂場らしき場所が確認できた。



瓦礫は多いが内部は比較的安全だった。

今度の休みにでも立ち寄ってみよう。

| 写真 | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

STOUT2000

聞いた事の無い車種名だった。

ハンドルやメーター機器に時代を感じた。
座席は劣化し不思議な模様になっていた。



ネット検索で調べてみたがあまり情報は出て来なかった。
ただその中で、画像検索時に目に止まった写真が一枚。

草に埋もれた廃車の写真。


老兵ここに眠る。

| 写真 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

何が出るかな

自分が小さい時にもまだ駄菓子屋は有りましたね。
いつしか行かなくなり、気付けば閉まっていました。



とある集落の中を通った時に見付けた古い駄菓子屋跡。
そこにひっそりと残されていた懐かしいガチャポン。

紙は色褪せて何が入っていたかは分かりません。
ケースも割られ、中にはゴミが詰め込まれていました。

子供たちに100円を「対価」に夢を与える魔法の機械。


今はもう、回しても何も・・・いや、回せませんね。
お金を入れないと動かない点は変わってないご様子。

| 写真 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。